パチンコ、パチスロは人生を狂わすことを一人でも多くの方に伝えたいと思い、このブログを開設しました。
パチンコ依存症から脱却して幸せになった管理人「ゆーの」の実体験などを元に
なぜやめるべきかを説明しています。パチンコをやめる手助けになれば幸いです。


2013年01月17日

パチンコ、パチスロをやめるべき理由 その1 お金がなくなるから

@お金がなくなるから


これが誰もが考える一番の理由だと思います。
毎日勝ち安定して収入を得ることはまず不可能です。
パチンコ、パチスロに人生を賭けて知識を身につけている人でも難しいでしょう。

パチンコ業界の売上は29兆円にもなると言われています。
これを見るだけでもどれだけ客が負けているのか一目瞭然ですね。
最近はパチンコ業界も衰退してきているので、
さらに客から絞りとるのではないかと予想できます。
ホールも電気代、人件費、借金を払うために必死ですから。

ホールではホールコンピューター(ホルコン)で、出玉や店の利益率を管理しています。
店がどの程度儲けるか、あらかじめ設定しているのです。
もちろん店が負けるようには設定してませんので確実に客が負けます。
勝つ客もいないと客が来なくなりますので、出している台もあります。
ですが、毎日出ている台に座り続けることは宝くじを当てるより困難だと私は思います。

例えばホールの癖、機種の知識を熟知していて90%勝てるとしましょう。
30日行って15日勝てる確率は20%です。
それでもトータル勝てますか?
毎月確実に安定した収入を得ることができますか?
パチンコは打てば打つほど負ける仕組みになっています。
対戦相手が勝負のカードを自在に操れるギャンブルで勝負する気になるか、
という問には100人中100人がNOでしょう。
パチンコはそもそも勝負にすらなっていません。負け戦です。
対戦相手と同じ土俵に立っていないことに気づいてください。

パチンコには潜伏確変(当たりやすくなっている状態)があり、
知識がない人がその状態で台から離れたりすることがあります。
そういう台を狙い撃ちすることで勝率を上げれるでしょう。
スロットには設定があり、高設定を打ち続ければ勝率を上げれるでしょう。
ですが、それでも負ける可能性が結構あると思います。
高設定でも負けるときは負ける、いい台は誰もが狙っている。
これでも安定した収入が得られるでしょうか?
もし毎月確実に2,30万勝てている人がいるとしても、
10年後も果たして勝てているでしょうか?


打たぬが勝ちです。ついついパチンコに行ってしまう人はそろそろ気づくべきです。
今ならまだ間に合います。借金して財産がなくなってからでは遅いですよ。
打たぬが勝ちを目に見えて実感じたい方にはパチンコ行ったつもり貯金をお勧めします。
私も実践しているのですが、
パチンコ行きたいなと思ったら、行ったら使うであろう資金を貯金するのです。
パチンコに行って勝ったお金を貯金するのではありませんよ。
1年後その金額に驚くことでしょう。
私は年間100万ほど貯金できるようになりました。
今まではというと借金はしていないものの残念ながら貯金ゼロです。
借金してまで打つようになる前にきっぱりやめましょう。


パチンコ、パチスロをやめるべき理由 その2 人格が劣化するから



ねこ (36).jpg
posted by ゆーの at 15:45| パチンコ、パチスロをやめるべき理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。